ミニチュアダックス4コマ漫画ダイアリー

ミニチュアダックスフンド犬の日常を、ほのぼの4コママンガにしました。わが家のテツオ♂とピョンコ♀が主役です。ほぼノンフィクション(?)。多頭飼いの楽しさもご紹介します♪

Entries

ピョン五郎の疑問

マンガ428 



こうして、大五郎・・・じゃなくてピョン五郎の旅は続く

・・・なんのこっちゃ?
 
なお、このおとーたんとピョン五郎の「子連れ狼」シリーズ、

過去のマンガはこちらから手繰って見られます。
 
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

穏やかな日曜の朝・・・ 

頼みもしないのに、テツオとピョンコのふたりは

今日もせっせと床掃除に励んでるのですが・・・



写真2464(№428)1 



( ̄ー ̄)...ン? どしたの?



写真2465(№428)1 



ヾ( ̄o ̄;)オイオイ 呼んでこんでよかですって



写真2466(№428)1 



ε-(;ーωーA フゥ… それじゃ呼んでないし・・・

っていうか、威嚇してどうするのさ・・・




今回のマンガの中でテツオが言っていた
 
アメリカのジョン・ケルアックさんの「オン・ザ・ロード」という
 
小説をご存知でしょうか?


商品の詳細


 
河出書房新社から出ている池澤夏樹さん個人編集の
 
世界文学全集の第1巻で出された小説です。
 
あの池澤さんが満を持して放つ世界文学全集の
 
一発目に自信をもって出された文学小説にこれを
 
選ばれたのはちょっとビックリというか意外でした。
 
でも、それならば問答無用で読まなければと以前に購入して
 
読み始めたら・・・んんん?・・・よくわからなくて
 
途中で挫折してしまい、長いこと本棚に閉まったままでした。
 
サルとディーンがアメリカの東部(ニューヨーク)と西海岸
 
(サンフランシスコ)の間を何度も行ったり来たり横断する
 
とりとめのないハチャメチャな旅の話です。
 
ところが、先日、イギリスのアラン・シリトーさんの短編集
 
「長距離走者の孤独」をふと何十年ぶりかで読み直してみたところ
 
若いころに呼んだ時にはわからなかったこの作家の
 
素晴らしさに気づいて驚愕し、すぐにもう一つの有名な
 
長編小説「土曜の夜と日曜の朝」をよんで、更に感銘を
 
受けました。
 
・・・で、読み終えた後に、何故か急に以前読みかけのままに
 
なっていたケルアックの「オン・ザ・ロード」が読みたくなって。
 
もう一度読み始めてみると、今度は、こんな素晴らしい小説は
 
滅多にないー!ということがわかりました。
 
かのボブ・ディランさんやジョン・レノンさんが多大な影響を
 
この小説から受けたとのことですが、納得です。
 
読んでいて、読み終わるのがもったいない~と思ってしまう
 
素敵な本です(あくまでも個人的感想です)。
 
 特に、私が大好きな映画「ストレンジャー・ザン・パラダイス」


商品の詳細


の世界が楽しめる方にはお勧めできます。



ランキングに参加してます。楽しんでいただけましたら、ぜひ下のバナーをポチッと押して投票して下さい <(_ _)>    すっごく励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ




スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

ご連絡はこちらから♪

ご連絡はこちらのメールからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム