ミニチュアダックス4コマ漫画ダイアリー

ミニチュアダックスフンド犬の日常を、ほのぼの4コママンガにしました。わが家のテツオ♂とピョンコ♀が主役です。ほぼノンフィクション(?)。多頭飼いの楽しさもご紹介します♪

Entries

平和ってなんだっけ?

マンガ326 


ピョンコちゃん、いい事言いますねー。私もそう思います。

そういえば、ピョンコは以前に地球の平和を救ったことがあった?

そのマンガはこちら ↓ ↓ ↓ ↓

№134 『ピョンコ、地球を救う』



戦争と平和について、ちょっとだけ触れます。

ノーベル文学賞を受賞した、白人で南アフリカ出身のJ・M・クッツェーさんは

自身の小説の中で、戦争について、死にゆく年配の女性に以下のように

語らせてました。

「どれだけ偽装を凝らそうと、戦争は戦争。仮面をはげばわかるわ、

 ひとつの例外もなく、美辞麗句の名のもとに、年長者が若者を死へ

 送り込むことよ。 (中略) 戦争は年長者が若者を犠牲にするものだと

 いうことは、れっきとした事実として残る。」(『鉄の時代』より抜粋)

たとえば、正義の名のもとに始まったベトナム戦争。

多くの若者が犠牲となり、ベトナム戦争は泥沼化し、ベトナム戦争を

やめさせようとしたジョン・レノンは、暗殺されました。

ちなみに、暗殺者が暗殺時に持っていた小説「ライ麦畑でつかまえて」の

作者のJ・D・サリンジャーは、他の小説の中で間接的に

反戦を訴えかけていたのは皮肉なことです。

日本においては、戦争当時の戦場での現状を知る者が高齢化し

姿を消してしまいつつあります。ぜひ、今この時期にこそ、

本当の戦争の状況と生き残った者の苦しみ、残されたものの

悲しみを若い人たちに伝えていただきたいです。

言いたいのは、過去から学ぶことの大切さ。

以上です。



さて、テツオとピョンコの日常に戻りますね。

昨日、意を決して(?)私がトリミングをやってみました!

ふたりともボサボサ状態だったので、ママさんが

お友達から譲ってもらったワンコトリミング用のバリカンセットで

挑戦しました。


写真1620(№326)1 


(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ ホントはシャンプー後にトリミングの方が

いいのでしょうが、カットした毛の処理が面倒なので、

先にトリミングしてからお風呂に入れることに。


写真1619(№326)1  



この後、悪戦苦闘しながらも、何とかトリミング完了。

意外とふたりともいい子にしてました。

そしてすぐにお風呂へ。



写真1621(№326)1 





写真1622(№326)1 



あ、はいはい。 入浴後、タオルに包まるのが大好きなテツオです。

ドライヤーで乾かして完了!



写真1623(№326)1 





写真1625(№326)1


そうなんです、ピョンコは胸元の毛がチャームポイントなので

カットせずに残してみました。

というわけで、なんとか自分でできました。次回はもう少し

上手にできると思います。


ランキングに参加してます。楽しんでいただけましたら、ぜひ下のバナーをポチッと押して投票して下さい <(_ _)>    すっごく励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ




スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

ご連絡はこちらから♪

ご連絡はこちらのメールからお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム